9/27 ウェグナー展オープニング

青山スパイラルでウェグナー展が始まった。

私はウェグナーのデザインが好きなんです。
特に、PP-58のスリーレッグ(3本足)。

一昨年、急に北欧家具に興味が湧いて調べていた。(時間もわりとあった。今と違って。)
そこで、ウェグナーの本からウェグナーの生き方、著者の織田さんが家具研究に掛ける情熱を知ったことで、
ずいぶんと救われた。
(左が今回の展覧会のカタログ。
右はウェグナーのチェアについての本。)

この日は、嬉しいことに
著者である織田さん、北欧家具の重鎮 島崎さんに会場でウェグナーについて直接話を聞くこともできた。

この展覧会は、
ウェグナーの家具がたくさん観れる。という観光的な見方もできるが、
ウェグナーのデザインパターンを分析するという学術的な面と、
生産されている家具は、会場でも販売しているというビジネス的な面もある。
21世紀型の展示としてすごくおもしろい。
というより、ウェグナー好き過ぎて、前日の設営も手伝ってました。

来年2014年は、ウェグナー生誕100年のアニバーサリーである。



マーブル サイエンス & アーツ
小林
www.marblesanda.com