名匠!小林正樹監督の展示へ

世田谷文学館の「映画監督 小林正樹」を見ました。

人間の條件、怪談、切腹、東京裁判が有名です。
本当に名作です。楽しい気分になる映画ではありませんが、
一生に1回、可能なら年1回、見るべき映画です。壮絶。
小林正樹監督の作品で映画の見方がまた変わりました。

今年は生誕100年ということで、
最近は流通していなかった映画もDVDやブルーレイとなり発売されるそうです。

戦争、時代劇以外の映画もあるのを今回知ったので、
そのうち見てみたいです。
化石、この広い空のどこかに など

世田谷文学館は改修工事のため、
2016年9月16日から2017年4月21日(予定)まで休館。
その間はゴジラもウルトラマンもアップルパイもお休みのようで、
来館には今がオススメですよ。


世田谷文学館


マーブル サイエンス&アーツ 小林雅