endless 山田正亮の絵画へ

東京に雪が降ってました。
ジャズピアニスト菊地雅章のアルバム「SUSTO」の2曲目「City Snow」を聴くにはぴったりの天気。
ちなみにこのアルバムの1曲目は有名な(?)「Circle / Line」。ずっと抽象的な曲だと思っていましたが、実際はニューヨークの地下鉄を描写した具象的な曲だと知り、「SUSTO」全体がニューヨークを描写しているのか!と思って(あくまで推測ですが)聴いてみると、また違って聴こえてきます。


そして地下鉄東西線は竹橋へ。
endless 山田正亮の絵画 | 東京国立近代美術館
見ました。

年代順に見て、大きさ、スタイル、テーマの変化を見て、
後期には全時代のスタイルが入ってるのを確認!作家の人生見たり。
かなり良かった!

チラシを見て展示を知り、
ボーダーの作品達は、
どの位の大きさで、どんな質感(表面)で、
どんなラインナップ、バリエーションなのか、
テーマは?
見たらどんな気持ちになるだろうか?
確かめに行った次第です。

アトリエ風の(撮影できる)部屋では、テーマの違う絵が並べば並ぶほどいい!と確信しました。
抑えた色彩(絵の具のチョイス)が特徴的でした。

多作である事、大作も多い事で、
私には、素晴らしい作品群に見えました。おすすめです。

山田正亮は絵画で絵画を表現している。以外の
何かを知れば知るほど、ボーダーからまた違って見えるのでは。
(そうか!その為に、制作ノートが展示されていたのか!)


マーブル サイエンス&アーツ 小林雅
www.marblesanda.com